メニュー 閉じる

- 60周年記念特設ページ -

60th

Anniversary

タカサカグループ100年企業に向かう記憶【2010~2019】

10年のあゆみ

2010年 ~ 2019年

2010年

株式会社ベジ・タカサカ 設立

売上 108 憶円

2011年

農業生産法人参入(長崎県)

売上 118 憶円

2012年

神戸市中央卸売市場東部市場に神戸支社設立

売上 122 憶円

2013年

プロセスセンター横の倉庫内に低温施設建設

売上 118 憶円

2014年

北部市場2階卸売市場に低温センター完成

売上 117 憶円

2015年

プロセスセンター増築

売上 129 憶円

2016年

最高益更新

売上 130 憶円

2017年

神戸支社低温物流センター竣工

売上 133 憶円

2018年

新プロセスセンター予定地取得

売上 132 憶円

2019年

第2冷蔵ラック倉庫増設・新プロセスセンター竣工

売上 123 憶円

事業発展計画発表会

毎年9月開催

毎年期末に開催される事業発展計画発表会。

営業部・物流部・加工部・事務電算部・神戸支社責任者が集まり役員とともに各々1 年の検証と次期方針・スローガンを確認し更なる成長を誓いあう。

全部署が一堂に会するのは年に数回。
発表会後に行われる懇親会では部署を越えた交流で終始賑やか。時には怒号も交えながらも共に闘う仲間となる有意義な時間。

産地交流事業

2011年~

生産者・消費者双方の顔が見える青果流通。『青果のメーカー』を目指すにあたり、生産者との関わりは最重要事項。

気候、作柄、売れ行き等、絶えず価格変動する青果の安定供給のため、生産地との密な交流の中で培われる発想は大きな原動力。

消費者とのパイプ役を担う責任と使命感は
作り手のこだわりや思いを肌で感じることでより強固になる。

市場内活動

2010年~

2010年から年に一度開催されるようになった北部市場あげての食のイベント。
半日の開催ながら大勢の一般客で大いに賑わう。

北部市場あってのタカサカ青果株式会社。
定期的な館内清掃は感謝であり義務でもある。

富士登山研修

2011年~

経験者をリーダーとして希望者5 〜6 人で敢行。日本一の富士山登頂を目指す。入念な準備と体調管理がないと辿り着けない現実。ご来光が神々しい所以だ。

富士山研修|タカサカ青果

富士山研修|タカサカ青果

富士山研修|タカサカ青果

アメリカ研修

2010年~

1930年代には現在のスーパーマーケットの形態が出来上がっていたアメリカ(日本は1953年 紀ノ国屋が初)。先進ならではのアイデアや問題点を探れる活きたガイドブック。各地のスーパーマーケットを巡り販売形態や管理方法を視察。消費者へ渡る最終段階までが社としての責務。それが出来て青果物マネージメントを確立できる。

50周年記念式典

2009年10月7日

in マリオットホテル

1959年8月に中央卸売市枇杷島にて創業。
個人営業から半世紀を経て年商100億の企業に成長。

100年続く企業を目指し歩み続けることを誓う!

50周年記念事業

2009年11月8日

クルージング

伊勢湾クルージングを当社に関わる約500名を招待して開催。

皆様に支えられて50周年。

常に感謝の気持ちを忘れずに今後も地域の食生活を支え続ける。

「 挑戦 」踏み止まらず 夢に向かう。

ビジョナリー100

タカサカ青果ロゴ